プロペシアの副作用を把握する|育毛治療でハゲをはげます

頭皮を触る男性

AGA改善

プロペシアの歴史

AGA(男性型脱毛症)の原因を作り出している還元酵素の働きを阻害する働きをしてくれるプロペシアですが、副作用がめったに無い事やその効果の高さでAGA治療の中心です。 プロペシアの服用は、AGAの治療を行っている皮膚科や美容皮膚科などの医療機関で処方してもらうことが必要になるのです。 その際に副作用についてや、注意事項などの説明を医師から受けるという形です。 AGAの治療は保険が適用にならない自由診療という形です。 なので、プロペシアの価格も医療機関によって差があるのです。 現在の相場は1ヶ月分7000円から1万円程度なところが多いですが、価格競争が行われていて以前と比べて下落傾向にあるので続けやすいです。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、元々は前立腺肥大症の薬として開発された成分です。 しかし、その前立腺肥大症の治療薬の副作用として育毛効果があることがわかったのです。 その後、前立腺肥大症の副作用として見つかった効果の研究が進められて、今の様なAGAの治療薬として販売されるようになったのです。 海外では以前から使われていたプロペシアですが、日本においては認可されたのはまだ日が浅いです。 海外では1997年に認可された薬ですが、日本では2005年10月に厚生労働省に承認され2005年12月から発売が開始された薬です。 この様に意外と歴史は浅いプロペシアですが、プロペシアの登場によって薄毛治療は大きく前進したのです。

Copyright © 2015 プロペシアの副作用を把握する|育毛治療でハゲをはげます All Rights Reserved.