プロペシアの副作用を把握する|育毛治療でハゲをはげます

頭皮を触る男性

自分の毛を移植する

自毛植毛こそが最終的な悩み解決法ではないでしょうか

自毛植毛とは、読んで字の如くです。自分の髪を自分の頭皮に移植する方法です。人工毛を移植するのとは違い、自毛を毛包ごと移植します。一つの毛包には3本程度の髪の毛が生えています。毛包ごと移植することで、移植先でも生え続けることができます。わかりやすい例で言えば、田植えのようなイメージでしょうか。 移植する自毛は、後頭部や側頭部から採取します。薄毛に悩む人でも、この部分だけは毛がふさふさだという人が多いようです。それは、男性ホルモンの影響を受けにくい場所だからです。そしてこの男性ホルモンの影響を受けにくいという性質を持った毛包は、移植先でもその性質を受け継ぎます。つまり今まで薄かった部分から髪の毛が生えてきます。もちろん脱毛することもありますが、自然な毛周期の中で起こることなので、又新しい髪の毛が生えてきます。

ひとつひとつの毛包を採取して移植する緻密な手術です

自毛植毛することで、髪の毛の悩みとは永遠に無縁になるでしょう。 しかし気になるのは費用ですが、クリニックによっても、植毛本数によっても違います。目安としては、手術を伴いますし保険適用外ですので、だいたい100万円ぐらいかかるようです。初期費用としては高額ですが、この先何十年もお金をかけ続けることを思えば、メンテナンスも不要の自毛植毛のほうが断然お得です。 手術法にはメスを使う方法と使わない方法があります。メスを使わないFUE式が人気のようです。これは健康な部分から毛包をひとつひとつ採取して、移植させます。メスを使う方法が、頭皮を帯状の面で切開し移植するのに対して、FUE式は点から点に移植するイメージです。これなら傷も目立たちません。1時間で500本程度の移植ができる医療用ロボットを使用しているクリニックもあります。 まずは、自毛植毛を行うクリニックで無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう。クリニックごとに、得意の手術方式があるようです。

Copyright © 2015 プロペシアの副作用を把握する|育毛治療でハゲをはげます All Rights Reserved.